どの債務整理が適してるか

説明

借金問題は弁護士に相談

債務整理を検討している、債務整理と一口にいってもその方法は、任意整理、個人再生、特定調停、過払い金請求、自己破産などの方法があります。どの方法が適しているのか、それは借金の総額、今後の収入の目途、保有している財産、利用しているローンの種類などによっても異なります。どれで手続きしていいかは、素人では判断しにくい点がありますので、借金問題に精通した弁護士に相談をすることです。数ある債務整理の手続きの中で、一番借金が減額できる、減額というよりも返済をしなくてもよくなるという効果のある手続きが自己破産です。ただし、この手続きは誰でも適しているわけではないのです。自己破産をするのに適している人は、借金の金額が高額である、また他の個人再生や任意整理で債務整理をしたとしても期限内である3年〜5年での返済が相談者の所得水準では到底難しい人が自己破産に適しているといえる人です。しかし、所得水準が低く借金返済が期限内の返済が難しいとはいってもその原因が競馬やパチンコなどのギャンブル、高額なブランド品を買うなどショッピング、風俗に通うためなど債務者に落ち度がある場合は、免責不可事由に該当してしまうため裁判所から免責が認められないこともあります。免責が認められると、借金を返済しなくてもよいので精神的なストレスから解放され、今後の給料から借金返済していた分のお金がそのまま使えることができます。職業制限というデメリットがありますが、一定の職業に就いていない場合は関係がないです。

Copyright© 2018 自己破産を決断したらどうする?|弁護士に依頼するケースがほとんど All Rights Reserved.