借金を免除する方法とは

お金

裁判所への申立て

自己破産は地方裁判所に申立てを行い、免責が許可されれば借金が免除される仕組みです。しかし様々な手続きが用意されており、素人が行うには簡単な方法ではありません。自己破産には「同時廃止事件」と「管財事件」に分けられます。財産がある場合は管財事件になり、管財人を選定して債務者のお金の移動を調査し、保有財産の現金化を行い債権者に分配をしなければなりません。逆に目ぼしい財産がない場合は同時廃止事件となります。管財事件では手間と費用負担が大きくなります。流れを簡単に説明をすると、まずは自己破産に必要な書類を用意し、裁判所に申立費用と申立書類を提出して行います。裁判所で必要と判断されれば裁判官と債務者が「審尋(面接)」を行い、支払い不能の状態を立証します。同時廃止事件なら、その後免責決定がなされて借金は免除されます。管財事件なら、その後管財人が選任されて財産の調査と換価が行われます。換価された財産が債権者に分配されると免責決定がなされますが、その前に債権者集会(説明・報告会)が行われることもあります。いずれにしても素人がひとりで手続きできるような法律問題ではありません。そのため、自己破産は弁護士に依頼するのが一般的です。弁護士に依頼すれば書類の作成から免責決定が下りるまで全て面倒をみてくれます。審尋や債権者集会に関しては債務者が自ら出席して行う必要がありますが、弁護士も同席してくれるので心配はいらないでしょう。

Copyright© 2018 自己破産を決断したらどうする?|弁護士に依頼するケースがほとんど All Rights Reserved.