法律家に依頼する理由

電卓

様々なメリットがある

自己破産は債務者が個人的に手続きをすることもできますが、基本的には弁護士に依頼して行うのが一般的です。まず、法律事務所によっては無料相談を行っているので、自己破産について知りたいという方は利用してみるといいでしょう。その上で、弁護士に依頼して自己破産をするかどうかを決めてください。自己破産の手続きでは何度も裁判所に出向く必要がありますが、弁護士が代理人になれば破産者に代わって手続きを行ってくれます。そのため、債務者は余計な時間を割くことなく仕事に集中することができるでしょう。また、手続き自体がスムーズに行えるので早期解決が期待できます。自己破産に携われる法律家には弁護士のほかには司法書士がいます。ただし司法書士は簡易裁判所での訴訟代理権しか持たないため、地方裁判所に申立てを行う自己破産では代理人になることができません。必要な書類の作成の請負のみとなり、免責までのサポートは受けられますが諸々の手続きは債務者自ら行うことになります。それを踏まえると、自己破産では司法書士よりも弁護士に依頼した方が適しているでしょう。ちなみに、東京地裁に限り弁護士に申立てを強制する運営がなされているので、債務者本人の申立ては難しいのが現状です。お金がなくて返済できないのに弁護士に依頼する費用が払えないと危惧する方もいるでしょう。これに関しては、法律事務所によって分割払いが可能なので事前に相談してみることをおすすめします。

Copyright© 2018 自己破産を決断したらどうする?|弁護士に依頼するケースがほとんど All Rights Reserved.