弁護士はどうやって選ぶ

ウーマン

比較ポイントは4つ

弁護士と一口にいってもそれぞれ得意分野が異なります。例えば刑事事件を得意とする弁護士もいれば登記を得意とする弁護士もいます。そのため、自己破産を検討しているのなら、自己破産に強い弁護士を探さなくてはなりません。まずは法律事務所のHPを確認してみましょう。HPにはどのような法律問題を請け負っているのか、また、経験や実績などが掲載されていることもあります。HPの情報だけで判断できるものではありませんが、実績が多いほど自己破産の専門性が強いと言えるでしょう。そしていくつかの法律事務所を絞り込んだから、相談をして弁護士との相性を確認してみましょう。最近では無料で相談を受け付けてくれる法律事務所も多いので、そちらから利用してみても構いません。素人にも分かりやすく説明をしてくれるか、高圧的ではないか、親身になって聞いてくれるかなどが重要です。法律事務所には、弁護士資格の所有者は一人で後は無資格のスタッフというケースもあります。在籍弁護士の数が少ないと解決までに時間がかかる可能性があるので、早期解決を期待するのなら在籍弁護士が多い法律事務所がおすすめです。そして一番気になるのは費用です。弁護士に自己破産を依頼すれば当然費用が掛かります。この費用を明確に説明してくれる弁護士でないと2次被害を受ける可能性もあり危険です。相場はケースごとに変わりますが、目安として平均20万円〜50万円程度はかかるとされています。

Copyright© 2018 自己破産を決断したらどうする?|弁護士に依頼するケースがほとんど All Rights Reserved.