借金がチャラになる方法

男性と女性

自己破産はネガティブなイメージがありますが、実際は債務者の最終的な救済制度です。デメリットはもちろんありますが、それよりもメリットの方が勝る手段なので、早めに弁護士に相談して手続きを進めることをおすすめします。

詳しく見る

法律家に依頼する理由

電卓

自己破産は弁護士または司法書士に依頼することができますが、請け負える範囲に違いがあるので注意が必要です。自己破産の手続きは面倒なので、法律全般に対応できる弁護士の方がより良いサービスが受けられるでしょう。

詳しく見る

弁護士はどうやって選ぶ

ウーマン

法律事務所は各地に数多く存在するため、自己破産に強い弁護士を選ぶことが早期解決への第一歩です。弁護士を選ぶための4つのポイントを抑えて、自分が安心して任せておける弁護士に自己破産を依頼することが重要です。

詳しく見る

借金を免除する方法とは

お金

自己破産は地方裁判所に申し込みをして行います。債務者が申し込みを行うこともできますが、面倒な手続きなので基本的には弁護士に依頼して行ってもらう法律問題です。弁護士が代理人となり、自己破産のサポートをしてくれます。

詳しく見る

どの債務整理が適してるか

説明

債務整理には、いくつか方法がありますがどの方法が適しているかは素人では判断するのが難しい部分があるので弁護士に相談をすることです。自己破産は、任意整理や個人再生を検討しても所得水準が低く期限内の返済が難しい場合にできる手続きです。

詳しく見る

借金を免除する手続き

説明

支払不能と判断されること

自己破産とは、裁判所に破産申し立てを行い、管財人が選任され、管財人によってさまざまな調査が行われ、最終的に免責許可をもらうことで借金の返済を全額免除される手続きです。裁判所から、申し立てを行ったの人の収入や財産、借金の額などを考慮し、支払不能な状態であることを判断された場合に免除されます。そのため、借金を返済しなくないからといって誰でも自己破産ができるわけではないのです。裁判所にて手続きが必要なのですが、書類の作成や提出を期限までにしなければならない、平日に仕事があるなかで裁判官と面談を行う、比較的に時間に余裕がある人であれば個人でもできなくわないのですが、非常に手間と時間がかかります。そのため、自己破産は弁護士に依頼するケースがほとんどです。また、自己破産には同時廃止事件と管財事件の2種類の手続きがあります。同時廃止は、財産がほとんどない人が選択される手続きです。一方、管財事件は財産が一定以上ある方が選択される手続きです。申し立てを行ってからの期間でいえば、管財事件のほうが手続きが複雑であるため同時廃止事件のほうがかかる期間は短いです。ほとんどの方が、同時廃止事件を選択しています。3ヶ月〜半年はかかるのですが、早く手続きを終えて落ち着きたいところですが、なるべくスピーディーに解決させるには破産者が早く書類を集めることです。住民票や預金通帳、給与明細書、その他にもさまざまな書類があります。手続きの段階段階でまた新たな書類が必要になってきますので、破産者が早く準備できるかにもかかってきます。

Copyright© 2018 自己破産を決断したらどうする?|弁護士に依頼するケースがほとんど All Rights Reserved.